~つなカンチャレンジ~ トレッキング・ランニングコース保全開始

  • 2020年11月22日

ゴミ拾いしながらランニング それが “プロギング”
  TC2020-03 『ランニング・トレッキングコース保全作業』 代表者 松本直幸 

今や平日でも観光客で賑わう八ッ場あがつま湖畔。ランニングしていて、いつも気になるのが道端に落ちているゴミ。空き缶 ペットボトル タバコの吸い殻 マスク 等々。誰が捨てるのか分かりませんが、これは何とかしなくては・・・。

そんな私の想いに共感してくれたのは、山を駆け登る山岳競技 スカイランニングのクラブチーム“SKYNINJA”のメンバー4人。日頃の山岳トレーニングで鍛え上げた運動能力を活かし、晩秋の山々と八ッ場あがつま湖の絶景を楽しみながら、湖畔の歩道を約19㎞の距離を3時間かけてゴミ拾いランニング “プロギング” を行いました。(2020年11月14日)長野原町の美しい自然、整えられたインフラ、そしてなによりも山を愛する仲間達に感謝!(記:松本直幸)

☆プロギングとは「ゴミ拾いしながら走る」こと。
スウェーデンから始まったこの運動は、プロギング(スウェーデン語で「集める」という意味の”plocka”と”jogging”をかけあわせた造語)と呼ばれる。環境やライフスタイルの向上に敏感なスウェーデン人ならではの発想だが、この流行がいま、じわじわと世界各地に広がりつつある。

※プロッキングなど、トレッキング・ランニングコース保全に参加したい方は代表者の松本さんか「つなぐカンパニーながのはら」事務局0279‐82‐5895までご連絡ください。